ストラット式とは?

| 未分類 |

元々この構成内容と構造はショックアブソーバと呼ばれる部位にバネを装備して車輪に連動されるものであり、この構造方式をストラット式の名称で定義されております。

 
但し、この状態だけでは車輪が実装される際の車軸の位置決めが明確にセットできないので、車軸の下側部分にトランスバースリンクと呼ばれるロワアームを取り付けることによって車体に固定させることができます。

 
上記方式については前輪・後輪の両側に用いることができますが、後輪側に用いる場合では前述したロワアーム幅を広くセッティングするケースが多いのが特徴となっております。

 
後輪にはハンドル操作で付与しなくてはならないタイロッドという部品が不要の為、鉛直軸まわりのモーメントと呼ばれる重要駆動機構に抵抗させることができないので2ペアごとの支持が必要不可欠となります。

 
上記支持軸を角度をつけて傾かせることによってストローク時にトー角という角度変化の数値を反映させることによってスムースな運転操作性能の特性として活用させることができるのです。

 
なお一般車に多く採用される形式となっておりますが、ダブルウィッシュボーン式のように自動車のカストマイズを重視した変更が難しくなるというデメリットが生じるものの、部品点数が少なくて済むのでコストダウンが期待されて大量生産に貢献することができるのです。