サスペンションの役割

| 未分類 |

車のサスペンション(懸架装置)は、タイヤと車体の間に取り付けられる部品。アームと衝撃を吸収するスプリング、振動を減らすショオックアブソーバーで構成されています。

 
路面と車体間の衝撃を和らげる緩衝装置としての役割や、車輪を路面に押し付けて、車体の安定性や乗り心地を調整する役割を持ちます。
懸架の方式には大きく分けて、車軸懸架、独立懸架、可撓梁式の3種類に分けられます。

pet01_l
車軸懸架は、古くから使われてきた方式です。トラックやFF車のリヤに使われることが多く、構造が単純ながら高い耐久性を持ち、コストが掛からないというメリットがあります。反面、路面追従性が低く乗り心地が悪い。

 
独立懸架式は、左右のがそれぞれ独立して動く形式になっています。路面追従性が高く、乗り心地を向上させた構造であり種類は細分化され、現在では主流の方式として様々な車種に使われています。

 
可撓梁式はトーションビーム式と呼ばれFF車に使用される方式です。

 

車軸懸架と独立懸架の中間的な形式であり、半独立懸架方式とも呼ばれることもあります。構造がシンプルで少ない部品でコストを抑えられるメリットがある一方、独立懸架、車軸懸架と比べると接地性が低くなる欠点があります。