マルチリンク式って?

| 未分類 |

安定した走行性能を確保するためには、様々な要素が重要となってきます。
とくに、タイヤや、ホイールなど、地面に接地する部分では、その性能が顕著に現れてきます。しかし、そのタイヤやホイールを車体と繋ぐ役割を持ったサスペンションも非常に重要なパーツとなっています。

pet04_l

サスペンションにはその構造によって種類が分かれており、それぞれに特性や特徴があります。
マルチリンク式とよばれる方式のサスペンションは、現メルセデスベンツ社が開発したサスペンションで、従来のものと違い複数のリンクとよばれるアームによって車重を支える構造となっています。
従来のダブルウィッシュボーンの方式よりもそれぞれのアームの動きに自由度が増し、より3次元的に路面の変化を捉えることで高速走行時の挙動の安定性を向上させることに成功しています。
また、アームを独立させていることで、従来よりもサスペンションのセッティングがよりきめ細かく調整できるようになったことも大きなメリットとなっています。
しかし、構造が複雑化したため、そのメンテナンスには手間と時間を要しその費用も高額になります。また、ブッシュなどの消耗品の寿命も短くなる傾向があり、使用しつづける上でのランニングコストが高くなるのが問題点として挙げられます。