一般的なサスペンションの構成

| 未分類 |

サスペンションとは、自動車の車輪と車体を繋いでいる装置の一つです。
サスペンションは主に路面の凹凸による振動や衝撃を車内に伝えないための緩衝装置としての役割を担っています。
サスペンションは「サスペンションアーム」「スプリング」「ショックアブソーバー 」の3つのパーツが基本の構成となっています。
サスペンションの取付方法や配置は車種によって異なるため、車輪と車体を直接繋ぐサスペンションアームの形状にもさまざまな規格があります。
またサスペンションのもう一つの重要な役割として、車輪や車軸の位置や角度を決め、走行を安定させる機能があります。
車輪や車軸の角度や位置のことをアライメントと呼び、アライメントが適切に調整されない場合、走行中や停止時にステアリングが流れるなどの問題が発生します。

 
サスペンションには緩衝装置としての基本パーツに加え、アライメントを調整するため、「ロッド」「カム」「スタビライザー」といったパーツが追加されています。
サスペンションは車の乗り心地や走行性能を決める重要な要素であり、各メーカーではサスペンションの性能をさらに向上させるため、現在も研究開発が進められています。

 
最近では、電子制御によって車の姿勢を積極的に制御し、路面から伝わる振動や衝撃をさらに低減させる「アクティブサスペンション」や「セミアクティブサスペンション」といったタイプも登場しています。