固定車軸方式

| 未分類 |

自動車はタイヤによって地面と接地しており、4輪が同時に車体を支えることで安定した走行を可能としています。
この4輪のタイヤと車体を繋ぐ部分をサスペンションと呼び、タイヤが地面から受けた衝撃が車体に直に伝わるのを緩衝させる役割を持っています。このサスペンションの構造には様々な方式が用いられており、その車両の特性や用途によって使い分けがされています。

pet03_l
サスペンションにはそれぞれ4つの車輪に合わせて独立して稼働する独立懸架方式と、左右の車輪を同時に制御する固定車軸方式の2種類に大きく分けられます。

 
独立懸架方式では、それぞれのタイヤの受けた衝撃を独立して受け止めることができるため、悪路走行時などでも挙動が安定しやすく、また乗り心地も良いものとなっています。このことから、多くのスポーツ車や、乗用車に採用されています。一方の固定式は、左右タイヤを繋ぐ車軸を支える方式で、構造が単純な事からメンテナンスや容易な事や、コストが安く済むことが特徴です。また、車高を安定して保つことができるため、悪路を走行した際、大きな凹凸などに対する走破性が高いのも特徴となっています。耐久性も高く、多くのトラックや貨物車などに採用されています。しかし、左右の車輪を同時に制御することから、乗り心地が悪いなどの欠点もあります。