サスペンションは路面からの衝撃を緩和する重要な役割をする装置となっており、単なる乗り心地の良し悪しに影響するだけでなく、走行性能や車両への駆動影響、そして車両の高低に影響する非常に重要な役割を担っております。

 
一般的な国産車両に使用されている代表的な方式としては、マルチリンク式が主要となっており、それぞれメリットデメリットがありますのでそれぞれの特性を把握しておく必要があります。

 
マルチリンク方式のメリットですが、複数のアームを集合させることで構成されているので、その全てのアームについて物理的に離れた存在とする独立性を維持することによって配置の自由度が増すことになり、よりきめ細やかなセッティングと駆動や車両体勢に貢献することが可能な構成となっております。
また、数本のアームによって支持することによってアライメント変化に強く、タイヤを路面に接地させる能力をアップさせることができます。

 
デメリットというよりも注意点ですが、高出力領域における走行性能では不安定になりやすい高性能前輪駆動車や、ハイパワーの後輪駆動車の安定したトラクションを確保する為には後輪側に装着されてダイレクトな駆動を確実に地面に伝えることが必要不可欠となっております。