ダブルウィッシュボーン式

| 未分類 |

サスペンションには構造の違いによりいくつかの種類がありますが、大きく別けると固定車軸式と独立懸架式に分類されます。

 

固定車軸式はトラックなどの商用車に多く独立懸架式は乗用車に採用されています。

 

独立懸架式の中でもダブルウィッシュボーン式サスペンションは市販車だけではなくレース車両のほとんどが採用しているサスペンションとなります。

ダブルウィッシュボーンのメリットは、高性能なサスペンションを作ることができるという点にあります。

サスペンション自体が大きなパーツとなっているため、大きな車種でなければ採用できないため、高級車やスポーツカーに多く採用されています。

 

各部の微調整が可能なため、レースにおいてはセッティングの幅広いというメリットもあります。

 

サスペンションアームが路面と平行に取り付けられるため、路面とタイヤの接地変化が少なく快適な乗り心地と路面追従性を持つこともメリットと言えます。一方でデメリットにはコストが高くなることで、採用できる車種が限られてしまうという点があります。

 

サスペンションの構造が大きくなるため小さな車体には採用できませんので、ボディサイズの大きな高級車やスポーツタイプに多く採用されているのです。