独立懸架方式

| 未分類 |

車のショックを吸収してくれるサスペンションには様々が種類があります。
その方式には大きく分けて車軸懸架(リジッドアクスル・サスペンション)、独立懸架(インディペンデント・サスペンション)、
可撓梁式(トーションビーム・サスペンション)とありますが、独立懸架方式とはどのようなものを言うのでしょうか。

 

 

独立懸架とは独立の字が示すとおり、左右の車輪を独立して上下させることができるのが特徴です。
このため、路面が凹凸であっても、追従性が向上します。
その特性上、後輪駆動車などは左右の車輪に効率よくトラクションがかかるため効果的な方式となります。
独立懸架は車軸を固定した懸架方式にくらべ、乗り心地や操縦安定性で優れると言ったメリットがあるのです。
このように優れた懸架方式である独立懸架ですが、もちろんメリットだけではなくデメリットもあります。
独立懸架は車軸懸架に比べて構造が複雑なために、コストが高くなってしまう点や、
車が急旋回などを行ない車両の荷重移動が起きた際に、抜重側にジャッキアップ現象と呼ばれる、
車体が浮き上がってしまう現象が起きてしまうというデメリットがあります。

 

 

独立懸架はこのようなメリットとデメリットを持ち合わせた懸架方式なのです。