車の乗り心地や運転性能を左右する大きなパーツがサスペンションです。
一般的にはサスと略して使われることが多いです。
このサスは、乗り心地を重視する人は柔らかめにする傾向があります。
これは路面の状態を車がダイレクトに拾うのを和らげるためです。

 

柔らかいサスは例えば石などを踏んだ時に急な突き上げを和らげて、ソフトに座席に伝えます。
そのため乗り心地が非常によくなります。
しかしながら欠点として、路面の状況を感じとりにくかったり、カーブなどでロールが増えるという欠点があります。
そこで、路面の状況を把握し、カーブなどを高速で曲がる場合でも車のロールを減らせるために硬いサスが利用されます。
この硬いサスは路面の細かな凹凸やタイヤのグリップ力を細かく運転席に伝えるため、高速走行時やスポーティーな運転をするさいに好まれます。
そのため、スポーツカーやスポーティーカーには硬いサスを取り付ける方が多くいます。

 

しかしながら、硬いサスは地面からの情報をダイレクトに伝えるため、乗り心地は非常に硬くなり、路面の状況が悪い場合には乗り心地がかなり悪くなります。
そのため、乗り心地を重視する方には向きません。
この様に、サスには様々な用途がありますので、それを理解して選ぶようにしましょう。